A A A A A

Life: [Birthday]


Effesiaid 2:10
Oherwydd ei waith ef ydym, wedi ein creu yng Nghrist Iesu i fywyd o weithredoedd da, bywyd y mae Duw wedi ei drefnu inni o'r dechrau.

Jeremeia 29:11
Oherwydd myfi sy'n gwybod fy mwriadau a drefnaf ar eich cyfer,' medd yr ARGLWYDD, 'bwriadau o heddwch, nid niwed, i roi ichwi ddyfodol gobeithiol.

Ioan 16:21
女が子を産む場合には、その時がきたというので、不安を感じる。しかし、子を産んでしまえば、もはやその苦しみをおぼえてはいない。ひとりの人がこの世に生れた、という喜びがあるためである。

Diarhebion 9:11
わたしによって、あなたの日は多くなり、あなたの命の年は増す。

Salmau 16:11
あなたはいのちの道をわたしに示される。あなたの前には満ちあふれる喜びがあり、あなたの右には、とこしえにもろもろの楽しみがある。

Salmau 20:4
主があなたの心の願いをゆるし、あなたのはかりごとをことごとく遂げさせられるように。

Salmau 27:4-7
[4] わたしは一つの事を主に願った、わたしはそれを求める。わたしの生きるかぎり、主の家に住んで、主のうるわしきを見、その宮で尋ねきわめることを。[5] それは主が悩みの日に、その仮屋のうちにわたしを潜ませ、その幕屋の奥にわたしを隠し、岩の上にわたしを高く置かれるからである。[6] 今わたしのこうべはわたしをめぐる敵の上に高くあげられる。それゆえ、わたしは主の幕屋で喜びの声をあげて、いけにえをささげ、歌って、主をほめたたえるであろう。[7] 主よ、わたしが声をあげて呼ばわるとき、聞いて、わたしをあわれみ、わたしに答えてください。

Salmau 90:12
われらにおのが日を数えることを教えて、知恵の心を得させてください。

Salmau 91:11
これは主があなたのために天使たちに命じて、あなたの歩むすべての道であなたを守らせられるからである。

Salmau 91:16
わたしは長寿をもって彼を満ち足らせ、わが救を彼に示すであろう。

Salmau 118:24
これは主が設けられた日であって、われらはこの日に喜び楽しむであろう。

Seffaneia 3:17
あなたの神、主はあなたのうちにいまし、勇士であって、勝利を与えられる。彼はあなたのために喜び楽しみ、その愛によってあなたを新にし、祭の日のようにあなたのために喜び呼ばわられる」。

Salmau 37:4-5
[4] 主によって喜びをなせ。主はあなたの心の願いをかなえられる。[5] あなたの道を主にゆだねよ。主に信頼せよ、主はそれをなしとげ、

Galarnad 3:22-23
[22] 主のいつくしみは絶えることがなく、そのあわれみは尽きることがない。[23] これは朝ごとに新しく、あなたの真実は大きい。

Numeri 6:24-26
[24] 「願わくは主があなたを祝福し、あなたを守られるように。[25] 願わくは主がみ顔をもってあなたを照し、あなたを恵まれるように。[26] 願わくは主がみ顔をあなたに向け、あなたに平安を賜わるように」』。こうして彼らがイスラエルの人々のために、わたしの名を唱えるならば、わたしは彼らを祝福するであろう」。

Salmau 139:1-24
[1] 主よ、あなたはわたしを探り、わたしを知りつくされました。[2] あなたはわがすわるをも、立つをも知り、遠くからわが思いをわきまえられます。[3] あなたはわが歩むをも、伏すをも探り出し、わがもろもろの道をことごとく知っておられます。[4] わたしの舌に一言もないのに、主よ、あなたはことごとくそれを知られます。[5] あなたは後から、前からわたしを囲み、わたしの上にみ手をおかれます。[6] このような知識はあまりに不思議で、わたしには思いも及びません。これは高くて達することはできません。[7] わたしはどこへ行って、あなたのみたまを離れましょうか。わたしはどこへ行って、あなたのみ前をのがれましょうか。[8] わたしが天にのぼっても、あなたはそこにおられます。わたしが陰府に床を設けても、あなたはそこにおられます。[9] わたしがあけぼのの翼をかって海のはてに住んでも、[10] あなたのみ手はその所でわたしを導き、あなたの右のみ手はわたしをささえられます。[11] 「やみはわたしをおおい、わたしを囲む光は夜となれ」とわたしが言っても、[12] あなたには、やみも暗くはなく、夜も昼のように輝きます。あなたには、やみも光も異なることはありません。[13] あなたはわが内臓をつくり、わが母の胎内でわたしを組み立てられました。[14] わたしはあなたをほめたたえます。あなたは恐るべく、くすしき方だからです。あなたのみわざはくすしく、あなたは最もよくわたしを知っておられます。[15] わたしが隠れた所で造られ、地の深い所でつづり合されたとき、わたしの骨はあなたに隠れることがなかった。[16] あなたの目は、まだできあがらないわたしのからだを見られた。わたしのためにつくられたわがよわいの日のまだ一日もなかったとき、その日はことごとくあなたの書にしるされた。[17] 神よ、あなたのもろもろのみ思いは、なんとわたしに尊いことでしょう。その全体はなんと広大なことでしょう。[18] わたしがこれを数えようとすれば、その数は砂よりも多い。わたしが目ざめるとき、わたしはなおあなたと共にいます。[19] 神よ、どうか悪しき者を殺してください。血を流す者をわたしから離れ去らせてください。[20] 彼らは敵意をもってあなたをあなどり、あなたに逆らって高ぶり、悪を行う人々です。[21] 主よ、わたしはあなたを憎む者を憎み、あなたに逆らって起り立つ者をいとうではありませんか。[22] わたしは全く彼らを憎み、彼らをわたしの敵と思います。[23] 神よ、どうか、わたしを探って、わが心を知り、わたしを試みて、わがもろもろの思いを知ってください。わたしに悪しき道のあるかないかを見て、わたしをとこしえの道に導いてください。[24] わたしに悪しき道のあるかないかを見て、わたしをとこしえの道に導いてください。

Japanese Bible 1954
Public Domain: Colloquial version (1954)