民数記 31

1

さて主はモーセに言われた、

2

「ミデアンびとにイスラエルの人々のあだを報いなさい。その後、あなたはあなたの民に加えられるであろう」。

3

モーセは民に言った、「あなたがたのうちから人を選んで戦いのために武装させ、ミデアンびとを攻めて、主のためミデアンびとに復讐しなさい。

4

すなわちイスラエルのすべての部族から、部族ごとに千人ずつを戦いに送り出さなければならない」。

5

そこでイスラエルの部族のうちから部族ごとに千人ずつを選び、一万二千人を得て、戦いのために武装させた。

6

モーセは各部族から千人ずつを戦いにつかわし、また祭司エレアザルの子ピネハスに、聖なる器と吹き鳴らすラッパとを執らせて、共に戦いにつかわした。

7

彼らは主がモーセに命じられたようにミデアンびとと戦って、その男子をみな殺した。

8

その殺した者のほかにまたミデアンの王五人を殺した。その名はエビ、レケム、ツル、フル、レバである。またベオルの子バラムをも、つるぎにかけて殺した。

9

またイスラエルの人々はミデアンの女たちとその子供たちを捕虜にし、その家畜と、羊の群れと、貨財とをことごとく奪い取り、

10

そのすまいのある町々と、その部落とを、ことごとく火で焼いた。

11

こうして彼らはすべて奪ったものと、かすめたものとは人をも家畜をも取り、

12

その生けどった者と、かすめたものと、奪ったものとを携えて、エリコに近いヨルダンのほとりのモアブの平野の宿営におるモーセと祭司エレアザルとイスラエルの人々の会衆のもとへもどってきた。

13

ときにモーセと祭司エレアザルと会衆のつかさたちはみな宿営の外に出て迎えたが、

14

モーセは軍勢の将たち、すなわち戦場から帰ってきた千人の長たちと、百人の長たちに対して怒った。

15

モーセは彼らに言った、「あなたがたは女たちをみな生かしておいたのか。

16

彼らはバラムのはかりごとによって、イスラエルの人々に、ペオルのことで主に罪を犯させ、ついに主の会衆のうちに疫病を起すに至った。

17

それで今、この子供たちのうちの男の子をみな殺し、また男と寝て、男を知った女をみな殺しなさい。

18

ただし、まだ男と寝ず、男を知らない娘はすべてあなたがたのために生かしておきなさい。

19

そしてあなたがたは七日のあいだ宿営の外にとどまりなさい。あなたがたのうちすべて人を殺した者、およびすべて殺された者に触れた者は、あなたがた自身も、あなたがたの捕虜も共に、三日目と七日目とに身を清めなければならない。

20

またすべての衣服と、すべての皮の器と、すべてやぎの毛で作ったものと、すべての木の器とを清めなければならない」。

21

祭司エレアザルは戦いに出たいくさびとたちに言った、「これは主がモーセに命じられた律法の定めである。

22

金、銀、青銅、鉄、すず、鉛など、

23

すべて火に耐える物は火の中を通さなければならない。そうすれば清くなるであろう。なおその上、汚れを清める水で、清めなければならない。しかし、すべて火に耐えないものは水の中を通さなければならない。

24

あなたがたは七日目に衣服を洗わなければならない。そして清くなり、その後宿営にはいることができる」。

25

主はモーセに言われた、

26

「あなたと祭司エレアザルおよび会衆の氏族のかしらたちは、その生けどった人と家畜の獲物の総数を調べ、

27

その獲物を戦いに出た勇士と、全会衆とに折半しなさい。

28

そして戦いに出たいくさびとに、人または牛、またはろば、または羊を、おのおの五百ごとに一つを取り、みつぎとして主にささげさせなさい。

29

すなわち彼らが受ける半分のなかから、それを取り、主にささげる物として祭司エレアザルに渡しなさい。

30

またイスラエルの人々が受ける半分のなかから、その獲た人または牛、またはろば、または羊などの家畜を、おのおの五十ごとに一つを取り、主の幕屋の務をするレビびとに与えなさい」。

31

モーセと祭司エレアザルとは主がモーセに命じられたとおりに行った。

32

そこでその獲物、すなわち、いくさびとたちが奪い取ったものの残りは羊六十七万五千、

33

牛七万二千、

34

ろば六万一千、

35

人三万二千、これはみな男と寝ず、男を知らない女であった。

36

そしてその半分、すなわち戦いに出た者の分は羊三十三万七千五百、

37

主にみつぎとした羊は六百七十五。

38

牛は三万六千、そのうちから主にみつぎとしたものは七十二。

39

ろばは三万五百、そのうちから主にみつぎとしたものは六十一。

40

人は一万六千、そのうちから主にみつぎとしたものは三十二人であった。

41

モーセはそのみつぎを主にささげる物として祭司エレアザルに渡した。主がモーセに命じられたとおりである。

42

モーセが戦いに出た人々とは別にイスラエルの人々に与えた半分、

43

すなわち会衆の受けた半分は羊三十三万七千五百、

44

牛三万六千、

45

ろば三万五百、

46

人一万六千であって、

47

モーセはイスラエルの人々の受けた半分のなかから、人および獣をおのおの五十ごとに一つを取って、主の幕屋の務をするレビびとに与えた。主がモーセに命じられたとおりである。

48

時に軍勢の将であったものども、すなわち千人の長たちと百人の長たちとがモーセのところにきて、

49

モーセに言った、「しもべらは、指揮下のいくさびとを数えましたが、われわれのうち、ひとりも欠けた者はありませんでした。

50

それで、われわれは、おのおの手に入れた金の飾り物、すなわち腕飾り、腕輪、指輪、耳輪、首飾りなどを主に携えてきて供え物とし、主の前にわれわれの命のあがないをしようと思います」。

51

モーセと祭司エレアザルとは、彼らから細工を施した金の飾り物を受け取った。

52

千人の長たちと百人の長たちとが、主にささげものとした金は合わせて一万六千七百五十シケル。

53

いくさびとは、おのおの自分のぶんどり物を獲た。モーセと祭司エレアザルとは、千人の長たちと百人の長たちとから、その金を受け取り、それを携えて会見の幕屋に入り、主の前に置いてイスラエルの人々のために記念とした。

54

モーセと祭司エレアザルとは、千人の長たちと百人の長たちとから、その金を受け取り、それを携えて会見の幕屋に入り、主の前に置いてイスラエルの人々のために記念とした。