エゼキエル書 48

1

イスラエルの部族の名は次のとおりである。北の果からヘテロンの道を経て、ハマテの入口に至り、ハマテに相対するダマスコの北の境にあるハザル・エノンに及び、東の方から西の方へのびる地方、これがダンの分である。

2

ダンの領地に沿って、東の方から西の方へのびる地方、これがアセルの分である。

3

アセルの領地に沿って、東の方から西の方へのびる地方、これがナフタリの分である。

4

ナフタリの領地に沿って、東の方から西の方へのびる地方、これがマナセの分である。

5

マナセの領地に沿って、東の方から西の方へのびる地方、これがエフライムの分である。

6

エフライムの領地に沿って、東の方から西の方へのびる地方、これがルベンの分である。

7

ルベンの領地に沿って、東の方から西の方へのびる地方、これがユダの分である。

8

ユダの領地に沿って、東の方から西の方へのびる地方は、あなたがたのささげる献納地とせよ。その幅は二万五千キュビト、その東の方から西の方へのびる長さは、部族の一つの分に同じで、聖所はその中にある。

9

すなわちあなたがたの主にささげる献納地は長さ二万五千キュビト、幅二万キュビトとである。

10

これが祭司への聖なる献納地である。すなわち祭司の分は、北は二万五千キュビト、西は幅一万キュビト、東は幅一万キュビト、南は長さ二万五千キュビトである。主の聖所はその中にある。

11

これはイスラエルの人々が迷い出た時、レビびとが迷ったように迷ったことはなく、わが務を守り通したザドクの子孫のうちから、聖別された祭司に属する。

12

このようにレビびとの境に沿って、いと聖なる地、すなわち聖なる献納地が、特別な分として彼らに帰属する。

13

レビびとの分は祭司の所有地の境に沿って、長さ二万五千キュビト、幅一万キュビト、すなわち、そのすべての長さ二万五千キュビト、幅二万キュビトである。

14

彼らはこれを売ってはならない、また交換してはならない、またその大事な分を手ばなしてはならない。これは主に属する聖なる物だからである。

15

その残りの地すなわち幅五千キュビト、長さ二万五千キュビトは町のため、すみかのため、また郊外のための一般人の地所とせよ。町はその中に置け。

16

一般人の地所の広さは次のとおりである。すなわち北の方四千五百キュビト、南の方四千五百キュビト、東の方四千五百キュビト、西の方四千五百キュビトである。

17

町は郊外を含む。郊外は北二百五十キュビト、南二百五十キュビト、東二百五十キュビト、西二百五十キュビトである。

18

聖なる献納地に沿っている残りの地の長さは東へ一万キュビト、西へ一万キュビトである。これは聖なる献納地に沿っており、その産物は町の働き人の食物となる。

19

町の働き人は、イスラエルのすべての部族から出て、これを耕作するのである。

20

あなたがたがささげる献納地の全体は二万五千キュビト四方である。これは町の所有地と共に聖なる献納地である。

21

聖なる献納地と町の所有地との、こなたかなたの残りの地は、君たる者に属する。これは聖なる献納地の二万五千キュビトに面して東の境に至り、西はその二万五千キュビトに面して西の境に至り、部族の分に沿うもので、君たる者に属する。聖なる献納地と、宮の聖所とは、その中にある。

22

町の所有地は、君たる者に属する部分の中にあり、そして君たる者の分は、ユダの領地と、ベニヤミンの領地との間にある。

23

なお残りの部族では東の方から西の方に至る地方、これがベニヤミンの分である。

24

ベニヤミンの領地に沿って、東の方から西の方に至る地方、これがシメオンの分である。

25

シメオンの領地に沿って、東の方から西の方に至る地方、これがイッサカルの分である。

26

イッサカルの領地に沿って、東の方から西の方に至る地方、これがゼブルンの分である。

27

ゼブルンの領地に沿って、東の方から西の方に至る地方、これがガドの分である。

28

南の方はガドの領地に沿って、タマルからメリボテ・カデシの水に至り、そこからエジプトの川に沿って大海に至る。

29

これはあなたがたが、くじをもってイスラエルの部族のうちに分けて、嗣業とすべき地である。これが彼らの分であると、主なる神は言われる。

30

町の出口は次のとおりである。北の方の長さは四千五百キュビトである。

31

町の門はイスラエルの部族の名にしたがい、三つの門になっている。すなわちルベンの門、ユダの門、レビの門である。

32

東の方は四千五百キュビトであって、三つの門がある。すなわちヨセフの門、ベニヤミンの門、ダンの門である。

33

南の方は四千五百キュビトであって、三つの門がある。すなわちシメオンの門、イッサカルの門、ゼブルンの門である。

34

西の方は四千五百キュビトであって、三つの門がある。すなわちガドの門、アセルの門、ナフタリの門である。町の周囲は一万八千キュビトあり、この日から後、この町の名は『主そこにいます』と呼ばれる」。

35

町の周囲は一万八千キュビトあり、この日から後、この町の名は『主そこにいます』と呼ばれる」。