伝道者の書 10

1

死んだはえは、香料を造る者のあぶらを臭くし、少しの愚痴は知恵と誉よりも重い。

2

知者の心は彼を右に向けさせ、愚者の心は左に向けさせる。

3

愚者は道を行く時、思慮が足りない、自分の愚かなことをすべての人に告げる。

4

つかさたる者があなたに向かって立腹しても、あなたの所を離れてはならない。温順は大いなるとがを和らげるからである。

5

わたしは日の下に一つの悪のあるのを見た。それはつかさたる者から出るあやまちに似ている。

6

すなわち愚かなる者が高い地位に置かれ、富める者が卑しい所に座している。

7

わたしはしもべたる者が馬に乗り、君たる者が奴隷のように徒歩であるくのを見た。

8

穴を掘る者はみずからこれに陥り、石がきをこわす者は、へびにかまれる。

9

石を切り出す者はそれがために傷をうけ、木を割る者はそれがために危険にさらされる。

10

鉄が鈍くなったとき、人がその刃をみがかなければ、力を多くこれに用いねばならない。しかし、知恵は人を助けてなし遂げさせる。

11

へびがもし呪文をかけられる前に、かみつけば、へび使は益がない。

12

知者の口の言葉は恵みがある、しかし愚者のくちびるはその身を滅ぼす。

13

愚者の口の言葉の初めは愚痴である、またその言葉の終りは悪い狂気である。

14

愚者は言葉を多くする、しかし人はだれも後に起ることを知らない。だれがその身の後に起る事を告げることができようか。

15

愚者の労苦はその身を疲れさせる、彼は町にはいる道をさえ知らない。

16

あなたの王はわらべであって、その君たちが朝から、ごちそうを食べる国よ、あなたはわざわいだ。

17

あなたの王は自主の子であって、その君たちが酔うためでなく、力を得るために、適当な時にごちそうを食べる国よ、あなたはさいわいだ。

18

怠惰によって屋根は落ち、無精によって家は漏る。

19

食事は笑いのためになされ、酒は命を楽しませる。金銭はすべての事に応じる。あなたは心のうちでも王をのろってはならない、また寝室でも富める者をのろってはならない。空の鳥はあなたの声を伝え、翼のあるものは事を告げるからである。

20

あなたは心のうちでも王をのろってはならない、また寝室でも富める者をのろってはならない。空の鳥はあなたの声を伝え、翼のあるものは事を告げるからである。