箴言 8

1

知恵は呼ばわらないのか、悟りは声をあげないのか。

2

これは道のほとりの高い所の頂、また、ちまたの中に立ち、

3

町の入口にあるもろもろの門のかたわら、正門の入口で呼ばわって言う、

4

「人々よ、わたしはあなたがたに呼ばわり、声をあげて人の子らを呼ぶ。

5

思慮のない者よ、悟りを得よ、愚かな者よ、知恵を得よ。

6

聞け、わたしは高貴な事を語り、わがくちびるは正しい事を語り出す。

7

わが口は真実を述べ、わがくちびるは悪しき事を憎む。

8

わが口の言葉はみな正しい、そのうちに偽りと、よこしまはない。

9

これはみな、さとき者の明らかにするところ、知識を得る者の正しとするところである。

10

あなたがたは銀を受けるよりも、わたしの教を受けよ、精金よりも、むしろ知識を得よ。

11

知恵は宝石にまさり、あなたがたの望むすべての物は、これと比べるにたりない。

12

知恵であるわたしは悟りをすみかとし、知識と慎みとをもつ。

13

主を恐れるとは悪を憎むことである。わたしは高ぶりと、おごりと、悪しき道と、偽りの言葉とを憎む。

14

計りごとと、確かな知恵とは、わたしにある、わたしには悟りがあり、わたしには力がある。

15

わたしによって、王たる者は世を治め、君たる者は正しい定めを立てる。

16

わたしによって、主たる者は支配し、つかさたる者は地を治める。

17

わたしは、わたしを愛する者を愛する、わたしをせつに求める者は、わたしに出会う。

18

富と誉とはわたしにあり、すぐれた宝と繁栄もまたそうである。

19

わたしの実は金よりも精金よりも良く、わたしの産物は精銀にまさる。

20

わたしは正義の道、公正な道筋の中を歩み、

21

わたしを愛する者に宝を得させ、またその倉を満ちさせる。

22

主が昔そのわざをなし始められるとき、そのわざの初めとして、わたしを造られた。

23

いにしえ、地のなかった時、初めに、わたしは立てられた。

24

まだ海もなく、また大いなる水の泉もなかった時、わたしはすでに生れ、

25

山もまだ定められず、丘もまだなかった時、わたしはすでに生れた。

26

すなわち神がまだ地をも野をも、地のちりのもとをも造られなかった時である。

27

彼が天を造り、海のおもてに、大空を張られたとき、わたしはそこにあった。

28

彼が上に空を堅く立たせ、淵の泉をつよく定め、

29

海にその限界をたて、水にその岸を越えないようにし、また地の基を定められたとき、

30

わたしは、そのかたわらにあって、名匠となり、日々に喜び、常にその前に楽しみ、

31

その地で楽しみ、また世の人を喜んだ。

32

それゆえ、子供らよ、今わたしの言うことを聞け、わたしの道を守る者はさいわいである。

33

教訓を聞いて、知恵を得よ、これを捨ててはならない。

34

わたしの言うことを聞き、日々わたしの門のかたわらでうかがい、わたしの戸口の柱のわきで待つ人はさいわいである。

35

それは、わたしを得る者は命を得、主から恵みを得るからである。わたしを失う者は自分の命をそこなう、すべてわたしを憎む者は死を愛する者である」。

36

わたしを失う者は自分の命をそこなう、すべてわたしを憎む者は死を愛する者である」。