箴言 29

1

しばしばしかられても、なおかたくなな者は、たちまち打ち敗られて助かることはない。

2

正しい者が権力を得れば民は喜び、悪しき者が治めるとき、民はうめき苦しむ。

3

知恵を愛する人はその父を喜ばせ、遊女に交わる者はその資産を浪費する。

4

王は公儀をもって国を堅くする、しかし、重税を取り立てる者はこれを滅ぼす。

5

その隣り人にへつらう者は、彼の足の前に網を張る。

6

悪人は自分の罪のわなに陥る、しかし正しい人は喜び楽しむ。

7

正しい人は貧しい者の訴えをかえりみる、悪しき人はそれを知ろうとはしない。

8

あざける人は町を乱し、知恵ある者は怒りを静める。

9

知恵ある人が愚かな人と争うと、愚かな者はただ怒り、あるいは笑って、休むことがない。

10

血に飢えている人は罪のない者を憎む、悪しき者は彼の命を求める。

11

愚かな者は怒りをことごとく表わし、知恵ある者は静かにこれをおさえる。

12

もし治める者が偽りの言葉に聞くならば、その役人らはみな悪くなる。

13

貧しい者と、しえたげる者とは共に世におる、主は彼ら両者の目に光を与えられる。

14

もし王が貧しい者を公平にさばくならば、その位はいつまでも堅く立つ。

15

むちと戒めとは知恵を与える、わがままにさせた子はその母に恥をもたらす。

16

悪しき者が権力を得ると罪も増す、正しい者は彼らの倒れるのを見る。

17

あなたの子を懲しめよ、そうすれば彼はあなたを安らかにし、またあなたの心に喜びを与える。

18

預言がなければ民はわがままにふるまう、しかし律法を守る者はさいわいである。

19

しもべは言葉だけで訓練することはできない、彼は聞いて知っても、心にとめないからである。

20

言葉の軽率な人を見るか、彼よりもかえって愚かな者のほうに望みがある。

21

しもべをその幼い時からわがままに育てる人は、ついにはそれを自分のあとつぎにする。

22

怒る人は争いを起し、憤る人は多くの罪を犯す。

23

人の高ぶりはその人を低くし、心にへりくだる者は誉を得る。

24

盗びとにくみする者は自分の魂を憎む、彼はのろいを聞いても何事をも口外しない。

25

人を恐れると、わなに陥る、主に信頼する者は安らかである。

26

治める者の歓心を得ようとする人は多い、しかし人の事を定めるのは主による。正しい人は不正を行う人を憎み、悪しき者は正しく歩む人を憎む。

27

正しい人は不正を行う人を憎み、悪しき者は正しく歩む人を憎む。