箴言 25

1

これらもまたソロモンの箴言であり、ユダの王ヒゼキヤに属する人々がこれを書き写した。

2

事を隠すのは神の誉であり、事を窮めるのは王の誉である。

3

天の高さと地の深さと、王たる者の心とは測ることができない。

4

銀から、かなくそを除け、そうすれば、銀細工人が器を造る材料となる。

5

王の前から悪しき者を除け、そうすれば、その位は正義によって堅く立つ。

6

王の前で自ら高ぶってはならない、偉い人の場に立ってはならない。

7

尊い人の前で下にさげられるよりは、「ここに上がれ」といわれるほうがましだ。

8

あなたが目に見たことを、軽々しく法廷に出してはならない。あとになり、あなたが隣り人にはずかしめられるとき、あなたはどうしようとするのか。

9

隣り人と争うことがあるならば、ただその人と争え、他人の秘密をもらしてはならない。

10

そうでないと、聞く者があなたをいやしめ、あなたは、いつまでもそしられる。

11

おりにかなって語る言葉は、銀の彫り物に金のりんごをはめたようだ。

12

知恵をもって戒める者は、これをきく者の耳にとって、金の耳輪、精金の飾りのようだ。

13

忠実な使者はこれをつかわす者にとって、刈入れの日に冷やかな雪があるようだ、よくその主人の心を喜ばせる。

14

贈り物をすると偽って誇る人は、雨のない雲と風のようだ。

15

忍耐をもって説けば君も言葉をいれる、柔らかな舌は骨を砕く。

16

蜜を得たならば、ただ足るほどにこれを食べよ、おそらくは食べすごして、それを吐き出すであろう。

17

隣り人の家に足をしげくしてはならない、おそらくは彼は煩わしくなって、あなたを憎むようになろう。

18

隣り人に敵して偽りのあかしを立てる人は、こん棒、つるぎ、または鋭い矢のようだ。

19

悩みに会うとき不信実な者を頼みにするのは、悪い歯、またはなえた足を頼みとするようなものだ。

20

心の痛める人の前で歌をうたうのは、寒い日に着物を脱ぐようであり、また傷の上に酢をそそぐようだ。

21

もしあなたのあだが飢えているならば、パンを与えて食べさせ、もしかわいているならば水を与えて飲ませよ。

22

こうするのは、火を彼のこうべに積むのである、主はあなたに報いられる。

23

北風は雨を起し、陰言をいう舌は人の顔を怒らす。

24

争いを好む女と一緒に家におるよりは、屋根のすみにおるほうがよい。

25

遠い国から来るよい消息は、かわいている人が飲む冷やかな水のようだ。

26

正しい者が悪い者の前に屈服するのは、井戸が濁ったよう、また泉がよごれたようなものだ。

27

蜜を多く食べるのはよくない、ほめる言葉は控え目にするがよい。自分の心を制しない人は、城壁のない破れた城のようだ。

28

自分の心を制しない人は、城壁のない破れた城のようだ。