箴言 20

1

酒は人をあざける者とし、濃い酒は人をあばれ者とする、これに迷わされる者は無知である。

2

王の怒りは、ししがほえるようだ、彼を怒らせる者は自分の命をそこなう。

3

争いに関係しないことは人の誉である、すべて愚かな者は怒り争う。

4

なまけ者は寒いときに耕さない、それゆえ刈入れのときになって、求めても何もない。

5

人の心にある計りごとは深い井戸の水のようだ、しかし、さとき人はこれをくみ出す。

6

自分は真実だという人が多い、しかし、だれが忠信な人に会うであろうか。

7

欠けた所なく、正しく歩む人,その後の子孫はさいわいである。

8

さばきの座にすわる王はその目をもって、すべての悪をふるいわける。

9

だれが「わたしは自分の心を清めた、わたしの罪は清められた」ということができようか。

10

互に違った二種のはかり、二種のますは、ひとしく主に憎まれる。

11

幼な子でさえも、その行いによって自らを示し、そのすることの清いか正しいかを現す。

12

聞く耳と、見る目とは、ともに主が造られたものである。

13

眠りを愛してはならない、そうすれば貧しくなる、目を開け、そうすればパンに飽くことができる。

14

買う者は、「悪い、悪い」という、しかし去って後、彼は自ら誇る。

15

金もあり、価の高い宝石も多くあるが、尊い器は知識のくちびるである。

16

人のために保証する者からは、まずその着物を取れ、他人のために保証する者をば抵当に取れ。

17

欺き取ったパンはおいしい、しかし後にはその口は砂利で満たされる。

18

計りごとは共に議することによって成る、戦おうとするならば、まずよく議しなければならない。

19

歩きまわって人のよしあしをいう者は秘密をもらす、くちびるを開いて歩く者と交わってはならない。

20

自分の父母をののしる者は、そのともしびは暗やみの中に消える。

21

初めに急いで得た資産は、その終りがさいわいでない。

22

「わたしが悪に報いる」と言ってはならない、主を待ち望め、主はあなたを助けられる。

23

互に違った二種のふんどうは主に憎まれる、偽りのはかりは良くない。

24

人の歩みは主によって定められる、人はどうして自らその道を、明らかにすることができようか。

25

軽々しく「これは聖なるささげ物だ」と言い、また誓いを立てて後に考えることは、その人のわなとなる。

26

知恵ある王は、箕をもってあおぎ分けるように悪人を散らし、車をもって脱穀するように、これを罰する。

27

人の魂は主のともしびであり、人の心の奥を探る。

28

いつくしみと、まこととは王を守る、その位もまた正義によって保たれる。

29

若い人の栄えはその力、老人の美しさはそのしらがである。傷つくまでに打てば悪い所は清くなり、むちで打てば心の底までも清まる。

30

傷つくまでに打てば悪い所は清くなり、むちで打てば心の底までも清まる。