箴言 14

1

知恵はその家を建て、愚かさは自分の手でそれをこわす。

2

まっすぐに歩む者は主を恐れる、曲って歩む者は主を侮る。

3

愚かな者の言葉は自分の背にむちを当てる、知恵ある者のくちびるはその身を守る。

4

牛がなければ穀物はない、牛の力によって農作物は多くなる。

5

真実な証人はうそをいわない、偽りの証人はうそをつく。

6

あざける者は知恵を求めても得られない、さとき者は知識を得ることがたやすい。

7

愚かな者の前を離れ去れ、そこには知識の言葉がないからである。

8

さとき者の知恵は自分の道をわきまえることにあり、愚かな者の愚かは、欺くことにある。

9

神は悪しき者をあざけられる、正しい者は、その恵みを受ける。

10

心の苦しみは心みずからが知る、その喜びには他人はあずからない。

11

悪しき者の家は滅ぼされ、正しい者の幕屋は栄える。

12

人が見て自ら正しいとする道でも、その終りはついに死に至る道となるものがある。

13

笑う時にも心に悲しみがあり、喜びのはてに憂いがある。

14

心のもとれる者はそのしわざの実を刈り取り、善良な人もまたその行いの実を刈り取る。

15

思慮のない者はすべてのことを信じる、さとき者は自分の歩みを慎む。

16

知恵ある者は用心ぶかく、悪を離れる、愚かな者は高ぶって用心しない。

17

怒りやすい者は愚かなことを行い、賢い者は忍耐強い。

18

思慮のない者は愚かなことを自分のものとする、さとき者は知識をもって冠とする。

19

悪人は善人の前にひれ伏し、悪しき者は正しい者の門にひれ伏す。

20

貧しい者はその隣にさえも憎まれる、しかし富める者は多くの友をもつ。

21

隣り人を卑しめる者は罪びとである、貧しい人をあわれむ者はさいわいである。

22

悪を計る者はおのれを誤るではないか、善を計る者にはいつくしみと、まこととがある。

23

すべての勤労には利益がある、しかし口先だけの言葉は貧乏をきたらせるだけだ。

24

知恵ある者の冠はその知恵である、愚かな者の花の冠はただ愚かさである。

25

まことの証人は人の命を救う、偽りを吐く者は裏切者である。

26

主を恐れることによって人は安心を得、その子らはのがれ場を得る。

27

主を恐れることは命の泉である、人を死のわなからのがれさせる。

28

王の栄えは民の多いことにあり、君の滅びは民を失うことにある。

29

怒りをおそくする者は大いなる悟りがあり、気の短い者は愚かさをあらわす。

30

穏やかな心は身の命である、しかし興奮は骨を腐らせる。

31

貧しい者をしえたげる者はその造り主を侮る、乏しい者をあわれむ者は、主をうやまう。

32

悪しき者はその悪しき行いによって滅ぼされ、正しい者はその正しきによって、のがれ場を得る。

33

知恵はさとき者の心にとどまり、愚かな者の心に知られない。

34

正義は国を高くし、罪は民をはずかしめる。賢いしもべは王の恵みをうけ、恥をきたらす者はその怒りにあう。

35

賢いしもべは王の恵みをうけ、恥をきたらす者はその怒りにあう。