箴言 12

1

戒めを愛する人は知識を愛する、懲しめを憎む者は愚かである。

2

善人は主の恵みをうけ、悪い計りごとを設ける人は主に罰せられる。

3

人は悪をもって堅く立つことはできない、正しい人の根は動くことはない。

4

賢い妻はその夫の冠である、恥をこうむらせる妻は夫の骨に生じた腐れのようなものである。

5

正しい人の考えは公正である、悪しき者の計ることは偽りである。

6

悪しき者の言葉は、人の血を流そうとうかがう、正しい人の口は人を救う。

7

悪しき者は倒されて、うせ去る、正しい人の家は堅く立つ。

8

人はその悟りにしたがって、ほめられ、心のねじけた者は、卑しめられる。

9

身分の低い人でも自分で働く者は、みずから高ぶって食に乏しい者にまさる。

10

正しい人はその家畜の命を顧みる、悪しき者は残忍をもって、あわれみとする。

11

自分の田地を耕す者は食糧に飽きる、無益な事に従う者は知恵がない。

12

悪しき者の堅固なやぐらは崩壊する、正しい人の根は堅く立つ。

13

悪人はくちびるのとがによって、わなに陥る、しかし正しい人は悩みをのがれる。

14

人はその口の実によって、幸福に満ち足り、人の手のわざは、その人の身に帰る。

15

愚かな人の道は、自分の目に正しく見える、しかし知恵ある者は勧めをいれる。

16

愚かな人は、すぐに怒りをあらわす、しかし賢い人は、はずかしめをも気にとめない。

17

真実を語る人は正しい証言をなし、偽りの証人は偽りを言う。

18

つるぎをもって刺すように、みだりに言葉を出す者がある、しかし知恵ある人の舌は人をいやす。

19

真実を言うくちびるは、いつまでも保つ、偽りを言う舌は、ただ、まばたきの間だけである。

20

悪をたくらむ者の心には欺きがあり、善をはかる人には喜びがある。

21

正しい人にはなんの害悪も生じない、しかし悪しき者は災をもって満たされる。

22

偽りを言うくちびるは主に憎まれ、真実を行う者は彼に喜ばれる。

23

さとき人は知識をかくす、しかし愚かな者は自分の愚かなことをあらわす。

24

勤め働く者の手はついに人を治める、怠る者は人に仕えるようになる。

25

心に憂いがあればその人をかがませる、しかし親切な言葉はその人を喜ばせる。

26

正しい人は悪を離れ去る、しかし悪しき者は自ら道に迷う。

27

怠る者は自分の獲物を捕えない、しかし勤め働く人は尊い宝を獲る。正義の道には命がある、しかし誤りの道は死に至る。

28

正義の道には命がある、しかし誤りの道は死に至る。