詩篇 119

1

おのが道を全くして、主のおきてに歩む者はさいわいです。

2

主のもろもろのあかしを守り心をつくして主を尋ね求め、

3

また悪を行わず、主の道に歩む者はさいわいです。

4

あなたはさとしを命じて、ねんごろに守らせられます。

5

どうかわたしの道を堅くして、あなたの定めを守らせてください。

6

わたしは、あなたのもろもろの戒めに目をとめる時、恥じることはありません。

7

わたしは、あなたの正しいおきてを学ぶとき、正しい心をもってあなたに感謝します。

8

わたしはあなたの定めを守ります。わたしを全くお捨てにならないでください。

9

若い人はどうしておのが道を清く保つことができるでしょうか。み言葉にしたがって、それを守るよりほかにありません。

10

わたしは心をつくしてあなたを尋ね求めます。わたしをあなたの戒めから迷い出させないでください。

11

わたしはあなたにむかって罪を犯すことのないように、心のうちにみ言葉をたくわえました。

12

あなたはほむべきかな、主よ、あなたの定めをわたしに教えてください。

13

わたしはくちびるをもって、あなたの口から出るもろもろのおきてを言いあらわします。

14

わたしは、もろもろのたからを喜ぶように、あなたのあかしの道を喜びます。

15

わたしは、あなたのさとしを思い、あなたの道に目をとめます。

16

わたしはあなたの定めを喜び、あなたのみ言葉を忘れません。

17

あなたのしもべを豊かにあしらって、生きながらえさせ、み言葉を守らせてください。

18

わたしの目を開いて、あなたのおきてのうちのくすしき事を見させてください。

19

わたしはこの地にあっては寄留者です。あなたの戒めをわたしに隠さないでください。

20

わが魂はつねにあなたのおきてを慕って、絶えいるばかりです。

21

あなたは、あなたの戒めから迷い出る高ぶる者、のろわれた者を責められます。

22

わたしはあなたのあかしを守りました。彼らのそしりと侮りとをわたしから取り去ってください。

23

たといもろもろの君が座して、わたしをそこなおうと図っても、あなたのしもべは、あなたの定めを深く思います。

24

あなたのあかしは、わたしを喜ばせ、わたしを教えさとすものです。

25

わが魂はちりについています。み言葉に従って、わたしを生き返らせてください。

26

わたしが自分の歩んだ道を語ったとき、あなたはわたしに答えられました。あなたの定めをわたしに教えてください。

27

あなたのさとしの道をわたしにわきまえさせてください。わたしはあなたのくすしきみわざを深く思います。

28

わが魂は悲しみによって溶け去ります。み言葉に従って、わたしを強くしてください。

29

偽りの道をわたしから遠ざけ、あなたのおきてをねんごろに教えてください。

30

わたしは真実の道を選び、あなたのおきてをわたしの前に置きました。

31

主よ、わたしはあなたのあかしに堅く従っています。願わくは、わたしをはずかしめないでください。

32

あなたがわたしの心を広くされるとき、わたしはあなたの戒めの道を走ります。

33

主よ、あなたの定めの道をわたしに教えてください。わたしは終りまでこれを守ります。

34

わたしに知恵を与えてください。わたしはあなたのおきてを守り、心をつくしてこれに従います。

35

わたしをあなたの戒めの道に導いてください。わたしはそれを喜ぶからです。

36

わたしの心をあなたのあかしに傾けさせ、不正な利得に傾けさせないでください。

37

わたしの目をほかにむけて、むなしいものを見させず、あなたの道をもって、わたしを生かしてください。

38

あなたを恐れる者にかかわる約束をあなたのしもべに堅くしてください。

39

わたしの恐れるそしりを除いてください。あなたのおきては正しいからです。

40

見よ、わたしはあなたのさとしを慕います。あなたの義をもって、わたしを生かしてください。

41

主よ、あなたの約束にしたがって、あなたのいつくしみと、あなたの救をわたしに臨ませてください。

42

そうすれば、わたしをそしる者に、答えることができます。わたしはあなたのみ言葉に信頼するからです。

43

またわたしの口から真理の言葉をことごとく除かないでください。わたしの望みはあなたのおきてにあるからです。

44

わたしは絶えず、とこしえに、あなたのおきてを守ります。

45

わたしはあなたのさとしを求めたので、自由に歩むことができます。

46

わたしはまた王たちの前にあなたのあかしを語って恥じることはありません。

47

わたしは、わたしの愛するあなたの戒めに自分の喜びを見いだすからです。

48

わたしは、わたしの愛するあなたの戒めを尊び、あなたの定めを深く思います。

49

どうか、あなたのしもべに言われたみ言葉を思い出してください。あなたはわたしにそれを望ませられました。

50

あなたの約束はわたしを生かすので、わが悩みの時の慰めです。

51

高ぶる者は大いにわたしをあざ笑います。しかしわたしはあなたのおきてを離れません。

52

主よ、わたしはあなたの昔からのおきてを思い出して、みずから慰めます。

53

あなたのおきてを捨てる悪しき者のゆえに、わたしは激しい憤りを起します。

54

あなたの定めはわが旅の家で、わたしの歌となりました。

55

主よ、わたしは夜の間にあなたのみ名を思い出して、あなたのおきてを守ります。

56

わたしはあなたのさとしを守ったことによって、この祝福がわたしに臨みました。

57

主はわたしの受くべき分です。わたしはあなたのみ言葉を守ることを約束します。

58

わたしは心をつくして、あなたの恵みを請い求めます。あなたの約束にしたがって、わたしをお恵みください。

59

わたしは、あなたの道を思うとき、足をかえして、あなたのあかしに向かいます。

60

わたしはあなたの戒めを守るのに、すみやかで、ためらいません。

61

たとい、悪しき者のなわがわたしを捕えても、わたしはあなたのおきてを忘れません。

62

わたしはあなたの正しいおきてのゆえに夜半に起きて、あなたに感謝します。

63

わたしは、すべてあなたを恐れる者、またあなたのさとしを守る者の仲間です。

64

主よ、地はあなたのいつくしみで満ちています。あなたの定めをわたしに教えてください。

65

主よ、あなたはみ言葉にしたがってしもべをよくあしらわれました。

66

わたしに良い判断と知識とを教えてください。わたしはあなたの戒めを信じるからです。

67

わたしは苦しまない前には迷いました。しかし今はみ言葉を守ります。

68

あなたは善にして善を行われます。あなたの定めをわたしに教えてください。

69

高ぶる者は偽りをもってわたしをことごとくおおいます。しかしわたしは心をつくしてあなたのさとしを守ります。

70

彼らの心は肥え太って脂肪のようです。しかしわたしはあなたのおきてを喜びます。

71

苦しみにあったことは、わたしに良い事です。これによってわたしはあなたのおきてを学ぶことができました。

72

あなたの口のおきては、わたしのためには幾千の金銀貨幣にもまさるのです。

73

あなたのみ手はわたしを造り、わたしを形造りました。わたしに知恵を与えて、あなたの戒めを学ばせてください。

74

あなたを恐れる者はわたしを見て喜ぶでしょう。わたしはみ言葉によって望みをいだいたからです。

75

主よ、わたしはあなたのさばきの正しく、また、あなたが真実をもってわたしを苦しめられたことを知っています。

76

あなたがしもべに告げられた約束にしたがって、あなたのいつくしみをわが慰めとしてください。

77

あなたのあわれみをわたしに臨ませ、わたしを生かしてください。あなたのおきてはわが喜びだからです。

78

高ぶる者に恥をこうむらせてください。彼らは偽りをもって、わたしをくつがえしたからです。しかしわたしはあなたのさとしを深く思います。

79

あなたをおそれる者と、あなたのあかしを知る者とをわたしに帰らせてください。

80

わたしの心を全くして、あなたの定めを守らせてください。そうすればわたしは恥をこうむることがありません。

81

わが魂はあなたの救を慕って絶えいるばかりです。わたしはみ言葉によって望みをいだきます。

82

わたしの目はあなたの約束を待つによって衰え、「いつ、あなたはわたしを慰められるのですか」と尋ねます。

83

わたしは煙の中の皮袋のようになりましたが、なお、あなたの定めを忘れませんでした。

84

あなたのしもべの日はどれほど続くでしょうか。いつあなたは、わたしを迫害する者をさばかれるでしょうか。

85

高ぶる者はわたしをおとしいれようと穴を掘りました。彼らはあなたのおきてに従わない人々です。

86

あなたの戒めはみな真実です。彼らは偽りをもってわたしを迫害します。わたしをお助けください。

87

彼らはこの地において、ほとんどわたしを滅ぼしました。しかし、わたしはあなたのさとしを捨てませんでした。

88

あなたのいつくしみにしたがってわたしを生かしてください。そうすればわたしはあなたの口から出るあかしを守ります。

89

主よ、あなたのみ言葉は天においてとこしえに堅く定まり、

90

あなたのまことはよろずよに及びます。あなたが地を定められたので、地は堅く立っています。

91

これらのものはあなたの仰せにより、堅く立って今日に至っています。よろずのものは皆あなたのしもべだからです。

92

あなたのおきてがわが喜びとならなかったならば、わたしはついに悩みのうちに滅びたでしょう。

93

わたしは常にあなたのさとしを忘れません。あなたはこれをもって、わたしを生かされたからです。

94

わたしはあなたのものです。わたしをお救いください。わたしはあなたのさとしを求めました。

95

悪しき者はわたしを滅ぼそうと待ち伏せています。しかし、わたしはあなたのあかしを思います。

96

わたしはすべての全きことに限りあることを見ました。しかしあなたの戒めは限りなく広いのです。

97

いかにわたしはあなたのおきてを愛することでしょう。わたしはひねもすこれを深く思います。

98

あなたの戒めは常にわたしと共にあるので、わたしをわが敵にまさって賢くします。

99

わたしはあなたのあかしを深く思うので、わがすべての師にまさって知恵があります。

100

わたしはあなたのさとしを守るので、老いた者にまさって事をわきまえます。

101

わたしはみ言葉を守るために、わが足をとどめて、すべての悪い道に行かせません。

102

あなたがわたしを教えられたので、わたしはあなたのおきてを離れません。

103

あなたのみ言葉はいかにわがあごに甘いことでしょう。蜜にまさってわが口に甘いのです。

104

わたしはあなたのさとしによって知恵を得ました。それゆえ、わたしは偽りのすべての道を憎みます。

105

あなたのみ言葉はわが足のともしび、わが道の光です。

106

わたしはあなたの正しいおきてを守ることを誓い、かつこれを実行しました。

107

わたしはいたく苦しみました。主よ、み言葉に従って、わたしを生かしてください。

108

主よ、わがさんびの供え物をうけて、あなたのおきてを教えてください。

109

わたしのいのちは常に危険にさらされています。しかし、わたしはあなたのおきてを忘れません。

110

悪しき者はわたしのためにわなを設けました。しかし、わたしはあなたのさとしから迷い出ません。

111

あなたのあかしはとこしえにわが嗣業です。まことに、そのあかしはわが心の喜びです。

112

わたしはあなたの定めを終りまで、とこしえに守ろうと心を傾けます。

113

わたしは二心の者を憎みます。しかしあなたのおきてを愛します。

114

あなたはわが隠れ場、わが盾です。わたしはみ言葉によって望みをいだきます。

115

悪をなす者よ、わたしを離れ去れ、わたしはわが神の戒めを守るのです。

116

あなたの約束にしたがって、わたしをささえて、ながらえさせ、わが望みについて恥じることのないようにしてください。

117

わたしをささえてください。そうすれば、わたしは安らかで、常にあなたの定めに心をそそぎます。

118

すべてあなたの定めから迷い出る者をあなたは、かろしめられます。まことに、彼らの欺きはむなしいのです。

119

あなたは地のすべての悪しき者を、金かすのようにみなされます。それゆえ、わたしはあなたのあかしを愛します。

120

わが肉はあなたを恐れるので震えます。わたしはあなたのさばきを恐れます。

121

わたしは正しく義にかなったことを行いました。わたしを捨てて、しえたげる者にゆだねないでください。

122

しもべのために保証人となって、高ぶる者にわたしを、しえたげさせないでください。

123

わが目はあなたの救と、あなたの正しい約束とを待ち望んで衰えます。

124

あなたのいつくしみにしたがって、しもべをあしらい、あなたの定めを教えてください。

125

わたしはあなたのしもべです。わたしに知恵を与えて、あなたのあかしを知らせてください。

126

彼らはあなたのおきてを破りました。今は主のはたらかれる時です。

127

それゆえ、わたしは金よりも、純金よりもまさってあなたの戒めを愛します。

128

それゆえ、わたしは、あなたのもろもろのさとしにしたがって、正しき道に歩み、すべての偽りの道を憎みます。

129

あなたのあかしは驚くべきものです。それゆえ、わが魂はこれを守ります。

130

み言葉が開けると光を放って、無学な者に知恵を与えます。

131

わたしはあなたの戒めを慕うゆえに、口を広くあけてあえぎ求めました。

132

み名を愛する者に常にされるように、わたしをかえりみ、わたしをあわれんでください。

133

あなたの約束にしたがって、わが歩みを確かにし、すべての不義に支配されないようにしてください。

134

わたしを人のしえたげからあがなってください。そうすればわたしは、あなたのさとしを守ります。

135

み顔をしもべの上に照し、あなたの定めを教えてください。

136

人々があなたのおきてを守らないので、わが目の涙は川のように流れます。

137

主よ、あなたは正しく、あなたのさばきは正しいのです。

138

あなたの正義と、この上ない真実とをもってあなたのあかしを命じられました。

139

わたしのあだが、あなたのみ言葉を忘れるので、わが熱心はわたしを滅ぼすのです。

140

あなたの約束はまことに確かです。あなたのしもべはこれを愛します。

141

わたしは取るにたらない者で、人に侮られるけれども、なお、あなたのさとしを忘れません。

142

あなたの義はとこしえに正しく、あなたのおきてはまことです。

143

悩みと苦しみがわたしに臨みました。しかしあなたの戒めはわたしの喜びです。

144

あなたのあかしはとこしえに正しいのです。わたしに知恵を与えて、生きながらえさせてください。

145

わたしは心をつくして呼ばわります。主よ、お答えください。わたしはあなたの定めを守ります。

146

わたしはあなたに呼ばわります。わたしをお救いください。わたしはあなたのあかしを守ります。

147

わたしは朝早く起き出て呼ばわります。わたしはみ言葉によって望みをいだくのです。

148

わが目は夜警の交代する時に先だってさめ、あなたの約束を深く思います。

149

あなたのいつくしみにしたがって、わが声を聞いてください。主よ、あなたの公義にしたがって、わたしを生かしてください。

150

わたしをしえたげる者が悪いたくらみをもって近づいています。彼らはあなたのおきてを遠くはなれているのです。

151

しかし主よ、あなたは近くいらせられます。あなたのもろもろの戒めはまことです。

152

わたしは早くからあなたのあかしによって、あなたがこれをとこしえに立てられたことを知りました。

153

わが悩みを見て、わたしをお救いください。わたしはあなたのおきてを忘れないからです。

154

わが訴えを弁護して、わたしをあがない、あなたの約束にしたがって、わたしを生かしてください。

155

救は悪しき者を遠く離れている。彼らはあなたの定めを求めないからです。

156

主よ、あなたのあわれみは大きい。あなたの公義に従って、わたしを生かしてください。

157

わたしをしえたげる者、わたしをあだする者は多い。しかしわたしは、あなたのあかしを離れません。

158

不信仰な者があなたのみ言葉を守らないので、わたしは彼らを見て、いとわしく思います。

159

わたしがいかにあなたのさとしを愛するかをお察しください。主よ、あなたのいつくしみにしたがって、わたしを生かしてください。

160

あなたのみ言葉の全体は真理です。あなたの正しいおきてのすべてはとこしえに絶えることはありません。

161

もろもろの君はゆえなくわたしをしえたげます。しかしわが心はみ言葉をおそれます。

162

わたしは大いなる獲物を得た者のようにあなたのみ言葉を喜びます。

163

わたしは偽りを憎み、忌みきらいます。しかしあなたのおきてを愛します。

164

わたしはあなたの正しいおきてのゆえに、一日に七たびあなたをほめたたえます。

165

あなたのおきてを愛する者には大いなる平安があり、何ものも彼らをつまずかすことはできません。

166

主よ、わたしはあなたの救を望み、あなたの戒めをおこないます。

167

わが魂は、あなたのあかしを守ります。わたしはいたくこれを愛します。

168

わがすべての道があなたのみ前にあるので、わたしはあなたのさとしと、あかしとを守ります。

169

主よ、どうか、わが叫びをみ前にいたらせ、み言葉に従って、わたしに知恵をお与えください。

170

わが願いをみ前にいたらせ、み言葉にしたがって、わたしをお助けください。

171

あなたの定めをわたしに教えられるので、わがくちびるはさんびを唱えます。

172

あなたのすべての戒めは正しいので、わが舌はみ言葉を歌います。

173

わたしはあなたのさとしを選びました。あなたのみ手を、常にわが助けとしてください。

174

主よ、わたしはあなたの救を慕います。あなたのおきてはわたしの喜びです。

175

わたしを生かして、あなたをほめたたえさせ、あなたのおきてを、わが助けとしてください。わたしは失われた羊のように迷い出ました。あなたのしもべを捜し出してください。わたしはあなたの戒めを忘れないからです。

176

わたしは失われた羊のように迷い出ました。あなたのしもべを捜し出してください。わたしはあなたの戒めを忘れないからです。