詩篇 115

1

主よ、栄光をわれらにではなく、われらにではなく、あなたのいつくしみと、まこととのゆえに、ただ、み名にのみ帰してください。

2

なにゆえ、もろもろの国民は言うのでしょう、「彼らの神はどこにいるのか」と。

3

われらの神は天にいらせられる。神はみこころにかなうすべての事を行われる。

4

彼らの偶像はしろがねと、こがねで、人の手のわざである。

5

それは口があっても語ることができない。目があっても見ることができない。

6

耳があっても聞くことができない。鼻があってもかぐことができない。

7

手があっても取ることができない。足があっても歩くことができない。また、のどから声を出すこともできない。

8

これを造る者と、これに信頼する者とはみな、これと等しい者になる。

9

イスラエルよ、主に信頼せよ。主は彼らの助け、また彼らの盾である。

10

アロンの家よ、主に信頼せよ。主は彼らの助け、また彼らの盾である。

11

主を恐れる者よ、主に信頼せよ。主は彼らの助け、また彼らの盾である。

12

主はわれらをみこころにとめられた。主はわれらを恵み、イスラエルの家を恵み、アロンの家を恵み、

13

また、小さい者も、大いなる者も、主を恐れる者を恵まれる。

14

どうか、主があなたがたを増し加え、あなたがたと、あなたがたの子孫とを増し加えられるように。

15

天地を造られた主によってあなたがたが恵まれるように。

16

天は主の天である。しかし地は人の子らに与えられた。

17

死んだ者も、音なき所に下る者も、主をほめたたえることはない。しかし、われらは今より、とこしえに至るまで、主をほめまつるであろう。主をほめたたえよ。

18

しかし、われらは今より、とこしえに至るまで、主をほめまつるであろう。主をほめたたえよ。