ヨブ記 6

1

ヨブは答えて言った、

2

「どうかわたしの憤りが正しく量られ、同時にわたしの災も、はかりにかけられるように。

3

そうすれば、これは海の砂よりも重いに相違ない。それゆえ、わたしの言葉が軽率であったのだ。

4

全能者の矢が、わたしのうちにあり、わたしの霊はその毒を飲み、神の恐るべき軍勢が、わたしを襲い攻めている。

5

野ろばは、青草のあるのに鳴くであろうか。牛は飼葉の上でうなるであろうか。

6

味のない物は塩がなくて食べられようか。すべりひゆのしるは味があろうか。

7

わたしの食欲はこれに触れることを拒む。これは、わたしのきらう食物のようだ。

8

どうかわたしの求めるものが獲られるように。どうか神がわたしの望むものをくださるように。

9

どうか神がわたしを打ち滅ぼすことをよしとし、み手を伸べてわたしを断たれるように。

10

そうすれば、わたしはなお慰めを得、激しい苦しみの中にあっても喜ぶであろう。わたしは聖なる者の言葉を否んだことがないからだ。

11

わたしにどんな力があって、なお待たねばならないのか。わたしにどんな終りがあるので、なお耐え忍ばねばならないのか。

12

わたしの力は石の力のようであるのか。わたしの肉は青銅のようであるのか。

13

まことに、わたしのうちに助けはなく、救われる望みは、わたしから追いやられた。

14

その友に対するいつくしみをさし控える者は、全能者を恐れることをすてる。

15

わが兄弟たちは谷川のように、過ぎ去る出水のように欺く。

16

これは氷のために黒くなり、そのうちに雪が隠れる。

17

これは暖かになると消え去り、暑くなるとその所からなくなる。

18

隊商はその道を転じ、むなしい所へ行って滅びる。

19

テマの隊商はこれを望み、シバの旅びとはこれを慕う。

20

彼らはこれにたよったために失望し、そこに来てみて、あわてる。

21

あなたがたは今わたしにはこのような者となった。あなたがたはわたしの災難を見て恐れた。

22

わたしは言ったことがあるか、『わたしに与えよ』と、あるいは『あなたがたの財産のうちからわたしのために、まいないを贈れ』と、

23

あるいは『あだの手からわたしを救い出せ』と、あるいは『しえたげる者の手からわたしをあがなえ』と。

24

わたしに教えよ、そうすればわたしは黙るであろう。わたしの誤っている所をわたしに悟らせよ。

25

正しい言葉はいかに力のあるものか。しかしあなたがたの戒めは何を戒めるのか。

26

あなたがたは言葉を戒めうると思うのか。望みの絶えた者の語ることは風のようなものだ。

27

あなたがたは、みなしごのためにくじをひき、あなたがたの友をさえ売り買いするであろう。

28

今、どうぞわたしを見られよ、わたしはあなたがたの顔に向かって偽らない。

29

どうぞ、思いなおせ、まちがってはならない。さらに思いなおせ、わたしの義は、なおわたしのうちにある。わたしの舌に不義があるか。わたしの口は災をわきまえることができぬであろうか。

30

わたしの舌に不義があるか。わたしの口は災をわきまえることができぬであろうか。