ヨブ記 39

1

あなたは岩間のやぎが子を産むときを知っているか。あなたは雌じかが子を産むのを見たことがあるか。

2

これらの妊娠の月を数えることができるか。これらが産む時を知っているか。

3

これらは身をかがめて子を産み、そのはらみ子を産みいだす。

4

その子は強くなって、野に育ち、出て行って、その親のもとに帰らない。

5

だれが野ろばを放って、自由にしたか。だれが野ろばのつなぎを解いたか。

6

わたしは荒野をその家として与え、荒れ地をそのすみかとして与えた。

7

これは町の騒ぎをいやしめ、御者の呼ぶ声を聞きいれず、

8

山を牧場としてはせまわり、もろもろの青物を尋ね求める。

9

野牛は快くあなたに仕え、あなたの飼葉おけのかたわらにとどまるだろうか。

10

あなたは野牛に手綱をつけてうねを歩かせることができるか、これはあなたに従って谷を耕すであろうか。

11

その力が強いからとて、あなたはこれに頼むであろうか。またあなたの仕事をこれに任せるであろうか。

12

あなたはこれにたよって、あなたの穀物を打ち場に運び帰らせるであろうか。

13

だちょうは威勢よくその翼をふるう。しかしこれにはきれいな羽と羽毛があるか。

14

これはその卵を土の中に捨て置き、これを砂のなかで暖め、

15

足でつぶされることも、野の獣に踏まれることも忘れている。

16

これはその子に無情であって、あたかも自分の子でないようにし、その苦労のむなしくなるをも恐れない。

17

これは神がこれに知恵を授けず、悟りを与えなかったゆえである。

18

これがその身を起して走る時には、馬をも、その乗り手をもあざける。

19

あなたは馬にその力を与えることができるか。力をもってその首を装うことができるか。

20

あなたはこれをいなごのように、とばせることができるか。その鼻あらしの威力は恐ろしい。

21

これは谷であがき、その力に誇り、みずから出ていって武器に向かう。

22

これは恐れをあざ笑って、驚くことなく、つるぎをさけて退くことがない。

23

矢筒はその上に鳴り、やりと投げやりと、あいきらめく。

24

これはたけりつ、狂いつ、地をひとのみにし、ラッパの音が鳴り渡っても、立ちどまることがない。

25

これはラッパの鳴るごとにハアハアと言い、遠くから戦いをかぎつけ、隊長の大声およびときの声を聞き知る。

26

たかが舞いあがり、その翼をのべて南に向かうのは、あなたの知恵によるのか、

27

わしがかけのぼり、その巣を高い所につくるのは、あなたの命令によるのか。

28

これは岩の上にすみかを構え、岩のとがり、または険しい所におり、

29

そこから獲物をうかがう。その目の及ぶところは遠い。そのひなもまた血を吸う。おおよそ殺された者のある所には、これもそこにいる」。

30

そのひなもまた血を吸う。おおよそ殺された者のある所には、これもそこにいる」。