ヨブ記 37

1

これがためにわが心もまたわななき、その所からとび離れる。

2

聞け、神の声のとどろきを、またその口から出るささやきを。

3

彼はこれを天が下に放ち、その光を地のすみずみまで至らせられる。

4

その後、声とどろき、彼はそのいかめしい声をもって鳴り渡られる。その声の聞える時、彼はいなずまを引きとめられない。

5

神はその驚くべき声をもって鳴り渡り、われわれの悟りえない大いなる事を行われる。

6

彼は雪に向かって『地に降れ』と命じ、夕立ちおよび雨に向かって『強く降れ』と命じられる。

7

彼はすべての人の手を封じられる。これはすべての人にみわざを知らせるためである。

8

その時、獣は穴に入り、そのほらにとどまる。

9

つむじ風はそのへやから、寒さは北風から来る。

10

神のいぶきによって氷が張り、広々とした水は凍る。

11

彼は濃い雲に水気を負わせ、雲はそのいなずまを散らす。

12

これは彼の導きによってめぐる。彼の命じるところをことごとく世界のおもてに行うためである。

13

神がこれらをこさせるのは、懲しめのため、あるいはその地のため、あるいはいつくしみのためである。

14

ヨブよ、これを聞け、立って神のくすしきみわざを考えよ。

15

あなたは知っているか、神がいかにこれらに命じて、その雲の光を輝かされるかを。

16

あなたは知っているか、雲のつりあいと、知識の全き者のくすしきみわざを。

17

南風によって地が穏やかになる時、あなたの着物が熱くなることを。

18

あなたは鋳た鏡のように堅い大空を、彼のように張ることができるか。

19

われわれが彼に言うべき事をわれわれに教えよ、われわれは暗くて、言葉をつらねることはできない。

20

わたしは語ることがあると彼に告げることができようか、人は滅ぼされることを望むであろうか。

21

光が空に輝いているとき、風過ぎて空を清めると、人々はその光を見ることができない。

22

北から黄金のような輝きがでてくる。神には恐るべき威光がある。

23

全能者は,われわれはこれを見いだすことができない。彼は力と公義とにすぐれ、正義に満ちて、これを曲げることはない。それゆえ、人々は彼を恐れる。彼はみずから賢いと思う者を顧みられない」。

24

それゆえ、人々は彼を恐れる。彼はみずから賢いと思う者を顧みられない」。