ヨブ記 29

1

ヨブはまた言葉をついで言った、

2

「ああ過ぎた年月のようであったらよいのだが、神がわたしを守ってくださった日のようであったらよいのだが。

3

あの時には、彼のともしびがわたしの頭の上に輝き、彼の光によってわたしは暗やみを歩んだ。

4

わたしの盛んな時のようであったならよいのだが。あの時には、神の親しみがわたしの天幕の上にあった。

5

あの時には、全能者がなおわたしと共にいまし、わたしの子供たちもわたしの周囲にいた。

6

あの時、わたしの足跡は乳で洗われ、岩もわたしのために油の流れを注ぎだした。

7

あの時には、わたしは町の門に出て行き、わたしの座を広場に設けた。

8

若い者はわたしを見てしりぞき、老いた者は身をおこして立ち、

9

君たる者も物言うことをやめて、その口に手を当て、

10

尊い者も声をおさめて、その舌を上あごにつけた。

11

耳に聞いた者はわたしを祝福された者となし、目に見た者はこれをあかしした。

12

これは助けを求める貧しい者を救い、また、みなしごおよび助ける人のない者を救ったからである。

13

今にも滅びようとした者の祝福がわたしに来た。わたしはまたやもめの心をして喜び歌わせた。

14

わたしは正義を着、正義はわたしをおおった。わたしの公義は上着のごとく、また冠のようであった。

15

わたしは目しいの目となり、足なえの足となり、

16

貧しい者の父となり、知らない人の訴えの理由を調べてやった。

17

わたしはまた悪しき者のきばを折り、その歯の間から獲物を引き出した。

18

その時、わたしは言った、『わたしは自分の巣の中で死に、わたしの日は砂のように多くなるであろう。

19

わたしの根は水のほとりにはびこり、露は夜もすがらわたしの枝におくであろう。

20

わたしの栄えはわたしと共に新しく、わたしの弓はわたしの手にいつも強い』と。

21

人々はわたしに聞いて待ち、黙して、わたしの教に従った。

22

わたしが言った後は彼らは再び言わなかった。わたしの言葉は彼らの上に雨のように降りそそいだ。

23

彼らは雨を待つように、わたしを待ち望み、春の雨を仰ぐように口を開いて仰いだ。

24

彼らが希望を失った時にも、わたしは彼らにむかってほほえんだ。彼らはわたしの顔の光を除くことができなかった。わたしは彼らのために道を選び、そのかしらとして座し、軍中の王のようにしており、嘆く者を慰める人のようであった。

25

わたしは彼らのために道を選び、そのかしらとして座し、軍中の王のようにしており、嘆く者を慰める人のようであった。