ヨブ記 16

1

そこでヨブは答えて言った、

2

「わたしはこのような事を数多く聞いた。あなたがたは皆人を慰めようとして、かえって人を煩わす者だ。

3

むなしき言葉に、はてしがあろうか。あなたは何に激して答をするのか。

4

わたしもあなたがたのように語ることができる。もしあなたがたがわたしと代ったならば、わたしは言葉を練って、あなたがたを攻め、あなたがたに向かって頭を振ることができる。

5

また口をもって、あなたがたを強くし、くちびるの慰めをもって、あなたがたの苦しみを和らげることができる。

6

たといわたしは語っても、わたしの苦しみは和らげられない。たといわたしは忍んでも、どれほどそれがわたしを去るであろうか。

7

まことに神は今わたしを疲れさせた。彼はわたしのやからをことごとく荒した。

8

彼はわたしを、しわ寄らせた。これがわたしに対する証拠である。またわたしのやせ衰えた姿が立って、わたしを攻め、わたしの顔にむかって証明する。

9

彼は怒ってわたしをかき裂き、わたしを憎み、わたしに向かって歯をかみ鳴らした。わたしの敵は目を鋭くして、わたしを攻める。

10

人々はわたしに向かって口を張り、侮ってわたしのほおを打ち、ともに集まってわたしを攻める。

11

神はわたしをよこしまな者に渡し、悪人の手に投げいれられる。

12

わたしは安らかであったのに、彼はわたしを切り裂き、首を捕えて、わたしを打ち砕き、わたしを立てて的とされた。

13

その射手はわたしを囲む。彼は無慈悲にもわたしの腰を射通し、わたしの肝を地に流れ出させられる。

14

彼はわたしを打ち破って、破れに破れを加え、勇士のようにわたしに、はせかかられる。

15

わたしは荒布を膚に縫いつけ、わたしの角をちりに伏せた。

16

わたしの顔は泣いて赤くなり、わたしのまぶたには深いやみがある。

17

しかし、わたしの手には暴虐がなく、わたしの祈は清い。

18

地よ、わたしの血をおおってくれるな。わたしの叫びに、休む所を得させるな。

19

見よ、今でもわたしの証人は天にある。わたしのために保証してくれる者は高い所にある。

20

わたしの友はわたしをあざける、しかしわたしの目は神に向かって涙を注ぐ。

21

どうか彼が人のために神と弁論し、人とその友との間をさばいてくれるように。数年過ぎ去れば、わたしは帰らぬ旅路に行くであろう。

22

数年過ぎ去れば、わたしは帰らぬ旅路に行くであろう。