ヨブ記 14

1

女から生れる人は日が短く、悩みに満ちている。

2

彼は花のように咲き出て枯れ、影のように飛び去って、とどまらない。

3

あなたはこのような者にさえ目を開き、あなたの前に引き出して、さばかれるであろうか。

4

だれが汚れたもののうちから清いものを出すことができようか、ひとりもない。

5

その日は定められ、その月の数もあなたと共にあり、あなたがその限りを定めて、越えることのできないようにされたのだから、

6

彼から目をはなし、手をひいてください。そうすれば彼は雇人のように、その日を楽しむことができるでしょう。

7

木には望みがある。たとい切られてもまた芽をだし、その若枝は絶えることがない。

8

たといその根が地の中に老い、その幹が土の中に枯れても、

9

なお水の潤いにあえば芽をふき、若木のように枝を出す。

10

しかし人は死ねば消えうせる。息が絶えれば、どこにおるか。

11

水が湖から消え、川がかれて、かわくように、

12

人は伏して寝、また起きず、天のつきるまで、目ざめず、その眠りからさまされない。

13

どうぞ、わたしを陰府にかくし、あなたの怒りのやむまで、潜ませ、わたしのために時を定めて、わたしを覚えてください。

14

人がもし死ねば、また生きるでしょうか。わたしはわが服役の諸日の間、わが解放の来るまで待つでしょう。

15

あなたがお呼びになるとき、わたしは答えるでしょう。あなたはみ手のわざを顧みられるでしょう。

16

その時あなたはわたしの歩みを数え、わたしの罪を見のがされるでしょう。

17

わたしのとがは袋の中に封じられ、あなたはわたしの罪を塗りかくされるでしょう。

18

しかし山は倒れてくずれ、岩もその所から移される。

19

水は石をうがち、大水は地のちりを洗い去る。このようにあなたは人の望みを断たれる。

20

あなたはながく彼に勝って、彼を去り行かせ、彼の顔かたちを変らせて追いやられる。

21

彼の子らは尊くなっても、彼はそれを知らない、卑しくなっても、それを悟らない。ただおのが身に痛みを覚え、おのれのために嘆くのみである」。

22

ただおのが身に痛みを覚え、おのれのために嘆くのみである」。