Ⅰ歴代誌第 3

1

ヘブロンで生れたダビデの子らは次のとおりである。長子はアムノンでエズレルびとアヒノアムから生れ、次はダニエルでカルメルびとアビガイルから生れ、

2

第三はアブサロムでゲシュルの王タルマイの娘マアカの産んだ子、第四はアドニヤでハギテの産んだ子、

3

第五はシパテヤでアビタルから生れ、第六はイテレアムで、彼の妻エグラから生れた。

4

この六人はヘブロンで彼に生れた。ダビデがそこで王となっていたのは七年六か月、エルサレムで王となっていたのは三十三年であった。

5

エルサレムで生れたものは次のとおりである。すなわちシメア、ショバブ、ナタン、ソロモン。この四人はアンミエルの娘バテシュアから生れた。

6

またイブハル、エリシャマ、エリペレテ、

7

ノガ、ネペグ、ヤピア、

8

エリシャマ、エリアダ、エリペレテの九人、

9

これらはみなダビデの子である。このほかに、そばめどもの産んだ子らがあり、タマルは彼らの姉妹であった。

10

ソロモンの子はレハベアム、その子はアビヤ、その子はアサ、その子はヨシャパテ、

11

その子はヨラム、その子はアハジヤ、その子はヨアシ、

12

その子はアマジヤ、その子はアザリヤ、その子はヨタム、

13

その子はアハズ、その子はヒゼキヤ、その子はマナセ、

14

その子はアモン、その子はヨシヤ、

15

ヨシヤの子らは長子ヨハナン、次はエホヤキム、第三はゼデキヤ、第四はシャルムである。

16

エホヤキムの子孫はその子はエコニア、その子はゼデキヤである。

17

捕虜となったエコニヤの子らはその子シャルテル、

18

マルキラム、ペダヤ、セナザル、エカミア、ホシャマ、ネダビヤである。

19

ペダヤの子らはゼルバベルとシメイである。ゼルバベルの子らはメシュラムとハナニヤ。シロミテは彼らの姉妹である。

20

またハシュバ、オヘル、ベレキヤ、ハサデヤ、ユサブ・ヘセデの五人がある。

21

ハナニヤの子らはペラテヤとエシャヤ、その子レパヤ、その子アルナン、その子オバデヤ、その子シカニヤである。

22

シカニヤの子らはシマヤ。シマヤの子らはハットシ、イガル、バリア、ネアリヤ、シャパテの六人である。

23

ネアリヤの子らはエリオエナイ、ヒゼキヤ、アズリカムの三人である。エリオエナイの子らはホダヤ、エリアシブ、ペラヤ、アックブ、ヨハナン、デラヤ、アナニの七人である。

24

エリオエナイの子らはホダヤ、エリアシブ、ペラヤ、アックブ、ヨハナン、デラヤ、アナニの七人である。