創世記 2

1

こうして天と地と、その万象とが完成した。

2

神は第七日にその作業を終えられた。すなわち、そのすべての作業を終って第七日に休まれた。

3

神はその第七日を祝福して、これを聖別された。神がこの日に、そのすべての創造のわざを終って休まれたからである。

4

これが天地創造の由来である。主なる神が地と天とを造られた時、

5

地にはまだ野の木もなく、また野の草もはえていなかった。主なる神が地に雨を降らせず、また土を耕す人もなかったからである。

6

しかし地から泉がわきあがって土の全面を潤していた。

7

主なる神は土のちりで人を造り、命の息をその鼻に吹きいれられた。そこで人は生きた者となった。

8

主なる神は東のかた、エデンに一つの園を設けて、その造った人をそこに置かれた。

9

また主なる神は、見て美しく、食べるに良いすべての木を土からはえさせ、更に園の中央に命の木と、善悪を知る木とをはえさせられた。

10

また一つの川がエデンから流れ出て園を潤し、そこから分れて四つの川となった。

11

その第一の名はピソンといい、金のあるハビラの全地をめぐるもので、

12

その地の金は良く、またそこはブドラクと、しまめのうとを産した。

13

第二の川の名はギホンといい、クシの全地をめぐるもの。

14

第三の川の名はヒデケルといい、アッスリヤの東を流れるもの。第四の川はユフラテである。

15

主なる神は人を連れて行ってエデンの園に置き、これを耕させ、これを守らせられた。

16

主なる神はその人に命じて言われた、「あなたは園のどの木からでも心のままに取って食べてよろしい。

17

しかし善悪を知る木からは取って食べてはならない。それを取って食べると、きっと死ぬであろう」。

18

また主なる神は言われた、「人がひとりでいるのは良くない。彼のために、ふさわしい助け手を造ろう」。

19

そして主なる神は野のすべての獣と、空のすべての鳥とを土で造り、人のところへ連れてきて、彼がそれにどんな名をつけるかを見られた。人がすべて生き物に与える名は、その名となるのであった。

20

それで人は、すべての家畜と、空の鳥と、野のすべての獣とに名をつけたが、人にはふさわしい助け手が見つからなかった。

21

そこで主なる神は人を深く眠らせ、眠った時に、そのあばら骨の一つを取って、その所を肉でふさがれた。

22

主なる神は人から取ったあばら骨でひとりの女を造り、人のところへ連れてこられた。

23

そのとき、人は言った。「これこそ、ついにわたしの骨の骨、わたしの肉の肉。男から取ったものだから、これを女と名づけよう」。

24

それで人はその父と母を離れて、妻と結び合い、一体となるのである。人とその妻とは、ふたりとも裸であったが、恥ずかしいとは思わなかった。

25

人とその妻とは、ふたりとも裸であったが、恥ずかしいとは思わなかった。